室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

菅さんはまだ金が欲しいって? 夢見が悪くないのかな?

公開日: 更新日:

・収入が少ない人―自助(自分で何とかしろ) 
・収入が中くらいな人―共助(会社で何とかしろ) 
・収入が非常に多い人―公助(国の利権で儲けたい放題)

 これが現在の菅・自民党政権のいう「自助、共助、公助」です。(米山隆一・弁護士)

 これはあたしの夫、ヨネちゃんの11月11日のTwitterでの言葉。非常にわかりやすい!

 その前に米山は「『水だけで3日』『冬なら死んでた』コロナ禍に家を失う若年層増加の現実」という、11日付のAERAの記事をあげていた。

 最近、こういう生活苦の人々を取り上げた記事が多くない? 10日には時事通信社が「10月自殺、2000人超 昨年比39%増 警察庁」、NHK NEWS WEBでは「先月の自殺者 去年より40%増加 女性が大幅増 コロナの影響も」と報じたばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る