【三重】自民・山本と野党連合・芳野の一騎打ち 岸田首相の地元企業視察が波紋

公開日: 更新日:

三重(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【三重】

△▲山本佐知子54 自新
  門田 節代54 N新
▲△芳野 正英47 無新

 立憲の岡田克也の地元である「岡田王国」は事実上、自民と野党連合の一騎打ちとなる。

 自民は2016年に落選した山本を再擁立。立憲と国民民主は岡田の元秘書の芳野を推薦し、一本化した。

「6年前、山本さんは、立憲現職で引退を表明した芝博一さんに約2万票差で、3年前は芳野さんが自民候補に約4万票差で敗れています。両者ともに県議を経験し、再チャレンジになります」(地元記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」