【山梨】自民vs立憲民主が一歩も譲らずデッドヒートを繰り広げる激戦区

公開日: 更新日:

山梨(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【山梨】

△▲永井  学48 自新
▲△宮沢 由佳59 立現
  黒木 一郎51 N新

 永井と宮沢がお互いに一歩も譲らないデッドヒートを繰り広げている。

 県連の公募で候補者を決めた自民は当初、選考委員会で1位になった61歳のベテラン県議を擁立する予定だった。ところが“高齢”を理由に県連内から異論の声が上がり、党本部の茂木幹事長が新人擁立は「若い人か女性を」と発言したこともあって、白紙に。選考委員会で3位だった若手の永井にお鉢が回ってきた。

 ゴタゴタの背景には、保守分裂の複雑な事情がある、山梨県連は、元自民党衆院議員の長崎知事派と堀内前ワクチン担当相派の対立が根深く、自民県議団は4会派に分裂。参院選出馬のため県議3期目で辞職した永井は、県議会の最大派閥で堀内に近い「自民誠心会」に所属していた。

 25日には、堀内が所属する宏池会の領袖でもある岸田首相が応援入り。ドイツで開かれるG7サミットへの出発直前に訪れたのは、激戦の山梨選挙区を重視している証しだ。もっとも、公認を得られなかったベテラン県議を推していた反堀内派の議員は「県政で対立する相手方の永井を支援しなきゃならんのは複雑だよね」と漏らすなど、県連は一枚岩ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍