【栃木】女性5人の戦い! 2番手の立憲が自民票をどこまで削るかが焦点

公開日: 更新日:

栃木(改選数1)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

 ◇  ◇  ◇

【栃木】

○○上野 通子64 自現
  板倉  京55 立新
  大久保裕美45 維新
  岡村 恵子68 共新
  高橋真佐子57 N新

 改選数1に削減された2007年以降、最多の立候補者数だ。女性候補5人乱立の中、3選を目指す上野が盤石だが、問題は組織の緩み。県連幹事長を筆頭に引き締めを図っている。

「気温が連日30度を超える中、『無理しなくてもいいんじゃないか』という声も出ていますが、そういうわけにもいかない。街頭演説に見に来て欲しいと呼びかけても、来てもらえないことがありますが、それはそれでいいんです。声かけすることに意味がありますから」(上野陣営)

 上野陣営は、前回16年参院選と同水準の48万票獲得を目標に設定。25日に来県した自民の世耕参院幹事長は、文教族の上野の経歴を強調し、「今回の選挙は立派な成績で上野さんに当選していただいて、『上野文科大臣』を一緒に実現していこうではありませんか」と呼びかけた。「参院3期目は大臣適齢期」と言われるだけに、圧勝なら上野にポストが待っているか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず