和田監督3年目の入閣メンバー 掛布氏以外は地味なワケ

公開日:  更新日:

 OBの掛布雅之氏(58)が打撃育成コーディネーター(以下打撃育成コーチ)に就任。元駐米スカウト、日米球界通算136本塁打のトーマス・オマリー氏(52)は打撃コーチ、前オリックスヘッドコーチの高代延博氏(59)は守備走塁コーチにそれぞれ内定。さらに、オリックスの古屋英夫編成部国内グループ長(58)を二軍コーチに呼ぶという。

 今季限りで水谷チーフ打撃コーチは退団し、残った関川、高橋両コーチだけでは12球団最少の82本塁打や、リーグ5位に終わった得点力アップも厳しい。そこで、02年から2年間、特命コーチとして主にアリアスを指導し、猛虎打線を支え、03年の優勝に貢献したオマリーが、打線強化と残留を求めるマートンや新助っ人の相談役として期待されている。

 高代氏の入閣は岡田前オリックス監督の「口利き」のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る