マー君欲しさにメジャーが大幅譲歩 「新入札制度」10月末までに合意へ

公開日:  更新日:

 現在、失効中の入札制度(ポスティングシステム)について、日本野球機構(NPB)とMLBが折衝を重ねているが、最終的にメジャーがNPBの提案を受け入れる方向になりそうだ。「つまりMLBサイドが妥協するということです」と、ある在米ジャーナリストがこう続ける。

「選手と交渉する権利を得るためだけに数十億円も払うのはバカらしいというMLB側と、従来通りの入札金が欲しいNPB側の議論は当初、平行線でした。途中、入札金額の上位3球団に選手との交渉権を与える案も浮上しましたが、どうやら従来通り、最高金額を入札した1球団だけが交渉権を手にする方向で決着しそうです。ただ、入札金が丸々、選手の所属球団に入っていた部分は修正される見通し。入札金の一部はMLBとNPBに入るようになると聞いています」

<MVP上原同様のフォーク>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る