マー君欲しさにメジャーが大幅譲歩 「新入札制度」10月末までに合意へ

公開日: 更新日:

 現在、失効中の入札制度(ポスティングシステム)について、日本野球機構(NPB)とMLBが折衝を重ねているが、最終的にメジャーがNPBの提案を受け入れる方向になりそうだ。「つまりMLBサイドが妥協するということです」と、ある在米ジャーナリストがこう続ける。

「選手と交渉する権利を得るためだけに数十億円も払うのはバカらしいというMLB側と、従来通りの入札金が欲しいNPB側の議論は当初、平行線でした。途中、入札金額の上位3球団に選手との交渉権を与える案も浮上しましたが、どうやら従来通り、最高金額を入札した1球団だけが交渉権を手にする方向で決着しそうです。ただ、入札金が丸々、選手の所属球団に入っていた部分は修正される見通し。入札金の一部はMLBとNPBに入るようになると聞いています」

<MVP上原同様のフォーク>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る