マー君欲しさにメジャーが大幅譲歩 「新入札制度」10月末までに合意へ

公開日: 更新日:

 現在、失効中の入札制度(ポスティングシステム)について、日本野球機構(NPB)とMLBが折衝を重ねているが、最終的にメジャーがNPBの提案を受け入れる方向になりそうだ。「つまりMLBサイドが妥協するということです」と、ある在米ジャーナリストがこう続ける。

「選手と交渉する権利を得るためだけに数十億円も払うのはバカらしいというMLB側と、従来通りの入札金が欲しいNPB側の議論は当初、平行線でした。途中、入札金額の上位3球団に選手との交渉権を与える案も浮上しましたが、どうやら従来通り、最高金額を入札した1球団だけが交渉権を手にする方向で決着しそうです。ただ、入札金が丸々、選手の所属球団に入っていた部分は修正される見通し。入札金の一部はMLBとNPBに入るようになると聞いています」

<MVP上原同様のフォーク>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る