マー君欲しさにメジャーが大幅譲歩 「新入札制度」10月末までに合意へ

公開日:  更新日:

 現在、失効中の入札制度(ポスティングシステム)について、日本野球機構(NPB)とMLBが折衝を重ねているが、最終的にメジャーがNPBの提案を受け入れる方向になりそうだ。「つまりMLBサイドが妥協するということです」と、ある在米ジャーナリストがこう続ける。

「選手と交渉する権利を得るためだけに数十億円も払うのはバカらしいというMLB側と、従来通りの入札金が欲しいNPB側の議論は当初、平行線でした。途中、入札金額の上位3球団に選手との交渉権を与える案も浮上しましたが、どうやら従来通り、最高金額を入札した1球団だけが交渉権を手にする方向で決着しそうです。ただ、入札金が丸々、選手の所属球団に入っていた部分は修正される見通し。入札金の一部はMLBとNPBに入るようになると聞いています」

<MVP上原同様のフォーク>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る