“ひねり王子”の大活躍で尻に火がついた内村航平

公開日: 更新日:

 31日、体操の全日本団体選手権(11月2、3日)の公式練習が千葉市内で行われた。世界選手権で個人総合4連覇を達成した内村航平(24)だが、疲れたなんて言ってられない。。

 その世界選手権では、史上最年少で初代表に選ばれた17歳の新鋭・白井健三が床運動で金メダルに輝くなど大活躍。内村も気持ち悪いと絶句するほどのひねり技が得意で、跳馬で「伸身ユルチェンコ3回ひねり」を決めるなど、一挙に3つの新技が「シライ」と命名された。とはいえ、「伸身ユルチェンコ3回ひねり」は内村が10年の全日本団体種目別選手権ですでに成功させていた技。命名する条件である五輪や国際大会でなかったため、「ウチムラ」は幻となっていた。それだけに、注目度も名前も取られた今の内村にとってみれば、白井の存在は面白くない。

 内村は全日本選手権では、「団体優勝したい。全種目に出るつもりでいる」と目標を語った。若きひねり王子が刺激になっているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る