“ひねり王子”の大活躍で尻に火がついた内村航平

公開日: 更新日:

 31日、体操の全日本団体選手権(11月2、3日)の公式練習が千葉市内で行われた。世界選手権で個人総合4連覇を達成した内村航平(24)だが、疲れたなんて言ってられない。。

 その世界選手権では、史上最年少で初代表に選ばれた17歳の新鋭・白井健三が床運動で金メダルに輝くなど大活躍。内村も気持ち悪いと絶句するほどのひねり技が得意で、跳馬で「伸身ユルチェンコ3回ひねり」を決めるなど、一挙に3つの新技が「シライ」と命名された。とはいえ、「伸身ユルチェンコ3回ひねり」は内村が10年の全日本団体種目別選手権ですでに成功させていた技。命名する条件である五輪や国際大会でなかったため、「ウチムラ」は幻となっていた。それだけに、注目度も名前も取られた今の内村にとってみれば、白井の存在は面白くない。

 内村は全日本選手権では、「団体優勝したい。全種目に出るつもりでいる」と目標を語った。若きひねり王子が刺激になっているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る