“ひねり王子”の大活躍で尻に火がついた内村航平

公開日:  更新日:

 31日、体操の全日本団体選手権(11月2、3日)の公式練習が千葉市内で行われた。世界選手権で個人総合4連覇を達成した内村航平(24)だが、疲れたなんて言ってられない。。

 その世界選手権では、史上最年少で初代表に選ばれた17歳の新鋭・白井健三が床運動で金メダルに輝くなど大活躍。内村も気持ち悪いと絶句するほどのひねり技が得意で、跳馬で「伸身ユルチェンコ3回ひねり」を決めるなど、一挙に3つの新技が「シライ」と命名された。とはいえ、「伸身ユルチェンコ3回ひねり」は内村が10年の全日本団体種目別選手権ですでに成功させていた技。命名する条件である五輪や国際大会でなかったため、「ウチムラ」は幻となっていた。それだけに、注目度も名前も取られた今の内村にとってみれば、白井の存在は面白くない。

 内村は全日本選手権では、「団体優勝したい。全種目に出るつもりでいる」と目標を語った。若きひねり王子が刺激になっているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る