西武・涌井らが権利行使の構えも…FA戦線は来季が本番

公開日: 更新日:

 これでは盛り上がらないのも納得だ。
 5日、FA有資格者が権利を行使するための手続き期間がスタート。13日に締め切られ、14日に公示、球団との交渉は15日からになる。

 今年は広島大竹(30)、西武涌井(27)、中日中田賢(31)らが注目を集めているものの、話題性はいまひとつ。涌井がエースを張っていたのも過去の話だ。目ぼしい人材がいないからこそ2年連続2ケタ勝利の大竹の存在が光ると思いきや、興味を示しているのは金満球団の巨人ソフトバンク、田中のポスティングで数十億円の臨時収入が見込める楽天くらいだ。

 これでは盛り上がらないのも納得だ。
 5日、FA有資格者が権利を行使するための手続き期間がスタート。13日に締め切られ、14日に公示、球団との交渉は15日からになる。

 今年は広島大竹(30)、西武涌井(27)、中日中田賢(31)らが注目を集めているものの、話題性はいまひとつ。涌井がエースを張っていたのも過去の話だ。目ぼしい人材がいないからこそ2年連続2ケタ勝利の大竹の存在が光ると思いきや、興味を示しているのは金満球団の巨人、ソフトバンク、田中のポスティングで数十億円の臨時収入が見込める楽天くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る