巨人も狙う日ハム鶴岡がFA行使 移籍の決め手は「カネと出場機会」

公開日: 更新日:

 今年のFA市場は「凶作」ながら、それでも需要のあるポジションの選手は引く手あまたか。

 かつてのダルの女房役で、日本ハムの扇の要である鶴岡慎也(32)がFAの行使を明言。球界全体が捕手難という事情もあって、すでに巨人阪神中日、DeNA、ソフトバンクが補強リストに鶴岡の名前を載せているという。

 本人は出来ればチームに残留したかった。しかし、日ハムの来季構想は正捕手が5年目の大野奨太(26)で、控えが2年目の近藤健介(20)。捕手の若返りを図る構想から外れた格好だ。日ハムには現状維持の年俸7200万円の1年契約を提示されているが、他球団への移籍は必至。「決め手はカネと出場機会だと聞いています」と日ハムOBがこう続ける。

ドラフトで巨人は日本生命の小林、阪神は福岡大の梅野、DeNAは亜大の嶺井という即戦力捕手を指名。正捕手がいて、なおかつ2番手捕手になる可能性のある選手が入団した球団では、日ハムに残るのと一緒ですからね。この3球団は選択肢から外れるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る