巨人も狙う日ハム鶴岡がFA行使 移籍の決め手は「カネと出場機会」

公開日:  更新日:

 今年のFA市場は「凶作」ながら、それでも需要のあるポジションの選手は引く手あまたか。

 かつてのダルの女房役で、日本ハムの扇の要である鶴岡慎也(32)がFAの行使を明言。球界全体が捕手難という事情もあって、すでに巨人、阪神、中日、DeNA、ソフトバンクが補強リストに鶴岡の名前を載せているという。

 本人は出来ればチームに残留したかった。しかし、日ハムの来季構想は正捕手が5年目の大野奨太(26)で、控えが2年目の近藤健介(20)。捕手の若返りを図る構想から外れた格好だ。日ハムには現状維持の年俸7200万円の1年契約を提示されているが、他球団への移籍は必至。「決め手はカネと出場機会だと聞いています」と日ハムOBがこう続ける。

「ドラフトで巨人は日本生命の小林、阪神は福岡大の梅野、DeNAは亜大の嶺井という即戦力捕手を指名。正捕手がいて、なおかつ2番手捕手になる可能性のある選手が入団した球団では、日ハムに残るのと一緒ですからね。この3球団は選択肢から外れるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る