巨人も狙う日ハム鶴岡がFA行使 移籍の決め手は「カネと出場機会」

公開日: 更新日:

 今年のFA市場は「凶作」ながら、それでも需要のあるポジションの選手は引く手あまたか。

 かつてのダルの女房役で、日本ハムの扇の要である鶴岡慎也(32)がFAの行使を明言。球界全体が捕手難という事情もあって、すでに巨人、阪神、中日、DeNA、ソフトバンクが補強リストに鶴岡の名前を載せているという。

 本人は出来ればチームに残留したかった。しかし、日ハムの来季構想は正捕手が5年目の大野奨太(26)で、控えが2年目の近藤健介(20)。捕手の若返りを図る構想から外れた格好だ。日ハムには現状維持の年俸7200万円の1年契約を提示されているが、他球団への移籍は必至。「決め手はカネと出場機会だと聞いています」と日ハムOBがこう続ける。

「ドラフトで巨人は日本生命の小林、阪神は福岡大の梅野、DeNAは亜大の嶺井という即戦力捕手を指名。正捕手がいて、なおかつ2番手捕手になる可能性のある選手が入団した球団では、日ハムに残るのと一緒ですからね。この3球団は選択肢から外れるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る