日ハム鶴岡獲得が現実味増す 巨人・阿部の深刻な“状態”

公開日: 更新日:

 日本シリーズ2戦目を落とした巨人の一番の敗因はもちろん、楽天先発の田中将大に手も足も出なかったことにある。3安打1得点。12三振を奪われ、伏兵・寺内の一発が出なければ、完封負けを食らうところだった。

 しかし、セ某球団のスコアラーがこう言った。
「マー君を打ち崩せなかった打線はもちろんですが、気になったのは阿部です。二回に枡田、七回に聖沢と2盗塁を許したでしょ。いずれも2死から。高い確率で走ってくると警戒する場面で、やすやすと盗塁を決められた。致命的な2点目となった七回の失点は、その聖沢に本塁へ生還されて失ったもの。広島とのCSから阿部は、5度走られて4回決められている。今季終盤から、それまで平均2秒ちょっとだった阿部の二塁までの送球タイムがコンマ何秒だが、遅くなっているというデータはうちのチームでも挙がっていた。ちなみに2秒を切れば、プロでは『強肩』の部類に入る。3戦目以降、楽天は足でかき回してくるでしょう。阿部も来年3月で35歳。巨人が後継者に頭を抱えているのはよく分かる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る