日ハム鶴岡のFAを皮切りに始まる「12球団捕手シャッフル」

公開日:  更新日:

 今季のFA宣言第1号になったのは、まさかのスペア選手だった。

 6日、「一野球選手として、他球団の評価を聞きたい。試合に出て、もっと活躍したい」と表明した山崎勝己(31)は、ソフトバンクでは細川(33)に次ぐ2番手の扱い。高卒の生え抜き選手ということもあり、残留すればスペア捕手なりに安泰だったはず。それでもFA宣言に踏み切ったのは、球団が日本ハムの鶴岡(32)取りに動いているからだ。こちらは山崎と違って、FAとなれば引く手あまた。ソフトバンク入りすれば山崎は3番手捕手になってしまうのだから、球団を出て行く気になったのもうなずける。

 しかし、鶴岡入団となれば山崎以上に面白くないのが細川だ。正捕手争いの結果にかかわらず、出番が減るのは確実。来季はソフトバンクとの4年契約の最終年で、FA権も再取得できる。こちらも来オフの移籍は避けられないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る