日ハム鶴岡のFAを皮切りに始まる「12球団捕手シャッフル」

公開日: 更新日:

 今季のFA宣言第1号になったのは、まさかのスペア選手だった。

 6日、「一野球選手として、他球団の評価を聞きたい。試合に出て、もっと活躍したい」と表明した山崎勝己(31)は、ソフトバンクでは細川(33)に次ぐ2番手の扱い。高卒の生え抜き選手ということもあり、残留すればスペア捕手なりに安泰だったはず。それでもFA宣言に踏み切ったのは、球団が日本ハムの鶴岡(32)取りに動いているからだ。こちらは山崎と違って、FAとなれば引く手あまた。ソフトバンク入りすれば山崎は3番手捕手になってしまうのだから、球団を出て行く気になったのもうなずける。

 しかし、鶴岡入団となれば山崎以上に面白くないのが細川だ。正捕手争いの結果にかかわらず、出番が減るのは確実。来季はソフトバンクとの4年契約の最終年で、FA権も再取得できる。こちらも来オフの移籍は避けられないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る