吉井理人氏がふり返る日本シリーズ「楽天投手陣を支えた堅い守備と積極走塁」

公開日:  更新日:

 投手にとって、バックの守りは大きな武器になる。

 ディフェンスがしっかりしていれば、思い切った投球ができる。僕がメッツに在籍した99年、12勝(8敗)をマークしたのは一塁手オルルド、二塁手アルフォンゾ、遊撃手オルドネス、三塁手ベンチュラの内野陣によるところが大きかった。内野ゴロを打たせればアウトを取れたし、マウンド上でも彼らの華麗な守備を見るのが楽しかった。

 日本一になった楽天の守りも堅かった。中でも藤田、松井の二遊間はしっかりしていた。
 投手からすれば、野手には当たり前のことを当たり前にこなしてほしい。併殺を取れるはずなのに、走者がひとり残ってしまうようなプレーが最もこたえる。楽天の二遊間は投手を慌てさせるどころか、何度もピンチを救った。

 逆に投手にとって、ボディーブローのようなダメージを受けるのが相手野手の走塁だ。楽天の野手の走塁はとにかく積極的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る