吉井理人氏がふり返る日本シリーズ「楽天投手陣を支えた堅い守備と積極走塁」

公開日: 更新日:

 投手にとって、バックの守りは大きな武器になる。

 ディフェンスがしっかりしていれば、思い切った投球ができる。僕がメッツに在籍した99年、12勝(8敗)をマークしたのは一塁手オルルド、二塁手アルフォンゾ、遊撃手オルドネス、三塁手ベンチュラの内野陣によるところが大きかった。内野ゴロを打たせればアウトを取れたし、マウンド上でも彼らの華麗な守備を見るのが楽しかった。

 日本一になった楽天の守りも堅かった。中でも藤田、松井の二遊間はしっかりしていた。
 投手からすれば、野手には当たり前のことを当たり前にこなしてほしい。併殺を取れるはずなのに、走者がひとり残ってしまうようなプレーが最もこたえる。楽天の二遊間は投手を慌てさせるどころか、何度もピンチを救った。

 逆に投手にとって、ボディーブローのようなダメージを受けるのが相手野手の走塁だ。楽天の野手の走塁はとにかく積極的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る