吉井理人氏がふり返る日本シリーズ「楽天投手陣を支えた堅い守備と積極走塁」

公開日: 更新日:

 投手にとって、バックの守りは大きな武器になる。

 ディフェンスがしっかりしていれば、思い切った投球ができる。僕がメッツに在籍した99年、12勝(8敗)をマークしたのは一塁手オルルド、二塁手アルフォンゾ、遊撃手オルドネス、三塁手ベンチュラの内野陣によるところが大きかった。内野ゴロを打たせればアウトを取れたし、マウンド上でも彼らの華麗な守備を見るのが楽しかった。

 日本一になった楽天の守りも堅かった。中でも藤田、松井の二遊間はしっかりしていた。
 投手からすれば、野手には当たり前のことを当たり前にこなしてほしい。併殺を取れるはずなのに、走者がひとり残ってしまうようなプレーが最もこたえる。楽天の二遊間は投手を慌てさせるどころか、何度もピンチを救った。

 逆に投手にとって、ボディーブローのようなダメージを受けるのが相手野手の走塁だ。楽天の野手の走塁はとにかく積極的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る