吉井理人氏がふり返る日本シリーズ「楽天投手陣を支えた堅い守備と積極走塁」

公開日: 更新日:

 投手にとって、バックの守りは大きな武器になる。

 ディフェンスがしっかりしていれば、思い切った投球ができる。僕がメッツに在籍した99年、12勝(8敗)をマークしたのは一塁手オルルド、二塁手アルフォンゾ、遊撃手オルドネス、三塁手ベンチュラの内野陣によるところが大きかった。内野ゴロを打たせればアウトを取れたし、マウンド上でも彼らの華麗な守備を見るのが楽しかった。

 日本一になった楽天の守りも堅かった。中でも藤田、松井の二遊間はしっかりしていた。
 投手からすれば、野手には当たり前のことを当たり前にこなしてほしい。併殺を取れるはずなのに、走者がひとり残ってしまうようなプレーが最もこたえる。楽天の二遊間は投手を慌てさせるどころか、何度もピンチを救った。

 逆に投手にとって、ボディーブローのようなダメージを受けるのが相手野手の走塁だ。楽天の野手の走塁はとにかく積極的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る