“弱者”だったからこその大出世 楽天・則本「気迫」の源泉

公開日:  更新日:

「同点にされたけど、しっかりしのげばウチの打者は頼もしい人ばかりなので、逆転を信じて投げました」

 則本昴大(22)のお立ち台での言葉に、楽天ナインは「おまえが一番頼もしい」と思ったに違いない。

 5回無失点の辛島に代わり、六回からリリーフ登板。七回に村田のソロを浴び、九回には同点とされながらも、味方が勝ち越した直後の延長十回を3者凡退。初戦に先発して124球を投げ、中4日のこの日も5イニング79球を投げぬいた。

 小学生時代に所属していた多賀少年野球クラブの辻正人監督は則本を「相手が強ければ強いほど、実力以上の力を発揮するタイプ。彼が成長したのも、無名の三重中京大で野球をしてきたからでしょう」とみる。

 持ち味は「打てるものなら打ってみろ!」という気迫の投球。そんなスタイルが星野監督の琴線に触れ、ルーキーながら開幕投手に抜擢された。楽天は05年の球団創設以来、Aクラスが09年の2位だけ。「弱者」だっただけに強い他球団をやっつけようと目の色を変えた。シーズン15勝8敗。日本シリーズでも初戦先発という大役を任された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る