• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“弱者”だったからこその大出世 楽天・則本「気迫」の源泉

「同点にされたけど、しっかりしのげばウチの打者は頼もしい人ばかりなので、逆転を信じて投げました」

 則本昴大(22)のお立ち台での言葉に、楽天ナインは「おまえが一番頼もしい」と思ったに違いない。

 5回無失点の辛島に代わり、六回からリリーフ登板。七回に村田のソロを浴び、九回には同点とされながらも、味方が勝ち越した直後の延長十回を3者凡退。初戦に先発して124球を投げ、中4日のこの日も5イニング79球を投げぬいた。

 小学生時代に所属していた多賀少年野球クラブの辻正人監督は則本を「相手が強ければ強いほど、実力以上の力を発揮するタイプ。彼が成長したのも、無名の三重中京大で野球をしてきたからでしょう」とみる。

 持ち味は「打てるものなら打ってみろ!」という気迫の投球。そんなスタイルが星野監督の琴線に触れ、ルーキーながら開幕投手に抜擢された。楽天は05年の球団創設以来、Aクラスが09年の2位だけ。「弱者」だっただけに強い他球団をやっつけようと目の色を変えた。シーズン15勝8敗。日本シリーズでも初戦先発という大役を任された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る