吉井理人氏がふり返る日本シリーズ「楽天投手陣を支えた堅い守備と積極走塁」

公開日: 更新日:

 大切なのは足の速さではない。隙があればひとつでも先の塁を狙う積極性、意識だ。

 単打でも外野手がもたつけば二塁を狙う。適時打を放った打者走者は、外野の返球が内野手の頭上を越えたのを確認するとすかさず二塁を陥れる。変化球や落ちるボールを多投する投手がマウンドにいれば、塁上の走者は投球と同時に軽くスタートを切る。投球がワンバウンドしてからスタートしたのでは、とても次の塁は奪えない。

 こういうプレーは普段から意識付けされていなければできない。一塁の米村ベースコーチは、この投手はワンバウンドが多いから二塁を狙えるなどと常に野手にアドバイスしていたと聞いた。

 先の塁を狙うがゆえのミスは生じる。日本シリーズでも塁を欲張った走塁死がいくつかあったとはいえ、星野監督は積極的な走塁ミスを怒らないという。だからこそ選手も、ミスを恐れずに積極的な走塁を心掛けるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る