和田毅に高橋尚成まで調査…巨人・原監督が描く来季の補強プラン

公開日: 更新日:

 日本シリーズの敗因を「うちの先発と向こうの先発との差」と分析する原巨人。独走Vを飾ったシーズンでも夏場から先発投手が早々とKOされる試合が続いた。今オフの最大の補強ポイントを先発右腕として、先日のドラフトで東京ガスの石川を1位で入札したものの、ロッテとの競合の末に抽選で外した。日本一になれなかったことで、今度は左右関係なく、「即戦力投手」をかき集めることになりそうだ。

<高橋尚成の獲得も視野>

 ターゲットは実績がある日本人メジャーリーガーだ。オリオールズとの2年契約が切れ、日米すべての球団と交渉可能となっている和田毅(32)、そして、かつて巨人に在籍したロッキーズ3Aコロラドスプリングスの高橋尚成(38)まで調査しているという。高橋尚は渡米4年目の今季はほとんどをマイナーで過ごし、消化不良に終わった。本人は「来季以降は白紙」としている。さる球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る