和田毅に高橋尚成まで調査…巨人・原監督が描く来季の補強プラン

公開日:  更新日:

 日本シリーズの敗因を「うちの先発と向こうの先発との差」と分析する原巨人。独走Vを飾ったシーズンでも夏場から先発投手が早々とKOされる試合が続いた。今オフの最大の補強ポイントを先発右腕として、先日のドラフトで東京ガスの石川を1位で入札したものの、ロッテとの競合の末に抽選で外した。日本一になれなかったことで、今度は左右関係なく、「即戦力投手」をかき集めることになりそうだ。

<高橋尚成の獲得も視野>

 ターゲットは実績がある日本人メジャーリーガーだ。オリオールズとの2年契約が切れ、日米すべての球団と交渉可能となっている和田毅(32)、そして、かつて巨人に在籍したロッキーズ3Aコロラドスプリングスの高橋尚成(38)まで調査しているという。高橋尚は渡米4年目の今季はほとんどをマイナーで過ごし、消化不良に終わった。本人は「来季以降は白紙」としている。さる球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る