「罰金100万円」騒動でも優勝した横峯さくらの“意地”

公開日: 更新日:

<伊藤園レディス 千葉・グレートアイランドC(6639ヤード・パー72)>

 4位発進の横峯さくら(27)が、3連続を含む4バーディー、ノーボギーの68で回り、逆転で今季4勝目(通算22勝)を挙げた。獲得賞金は1億1900万円を超えてトップに立ち、2位森田理香子(23)との差は約1170万円と逆転した。

 2度目の賞金女王タイトルに近づいた横峯が、「これから意識します。追われる立場になるので、また違うプレッシャーもあると思う」と言えば、森田は「(残り2戦優勝も)スイングのリズムさえおかしくしなければ大丈夫だと思う」とあきらめておらず、タイトルの行方が、がぜん面白くなってきた。

 最終日はトップに立っても冷静だった横峯だが、「舞台裏では相当カッカしていた」(関係者)そうだ。


 事の発端は12月15日の次姉の結婚式。その日はヒタチ3ツアーズが行われ、横峯は出場有資格者。ところが結婚式のため協会に辞退を申し出ると「特別な理由でない限り欠場は許されない。それでも欠場する場合は罰金100万円」と言われ、「じゃあ払うわよ」となったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る