• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「罰金100万円」騒動でも優勝した横峯さくらの“意地”

<伊藤園レディス 千葉・グレートアイランドC(6639ヤード・パー72)>

 4位発進の横峯さくら(27)が、3連続を含む4バーディー、ノーボギーの68で回り、逆転で今季4勝目(通算22勝)を挙げた。獲得賞金は1億1900万円を超えてトップに立ち、2位森田理香子(23)との差は約1170万円と逆転した。

 2度目の賞金女王タイトルに近づいた横峯が、「これから意識します。追われる立場になるので、また違うプレッシャーもあると思う」と言えば、森田は「(残り2戦優勝も)スイングのリズムさえおかしくしなければ大丈夫だと思う」とあきらめておらず、タイトルの行方が、がぜん面白くなってきた。

 最終日はトップに立っても冷静だった横峯だが、「舞台裏では相当カッカしていた」(関係者)そうだ。


 事の発端は12月15日の次姉の結婚式。その日はヒタチ3ツアーズが行われ、横峯は出場有資格者。ところが結婚式のため協会に辞退を申し出ると「特別な理由でない限り欠場は許されない。それでも欠場する場合は罰金100万円」と言われ、「じゃあ払うわよ」となったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る