「罰金100万円」騒動でも優勝した横峯さくらの“意地”

公開日:  更新日:

<伊藤園レディス 千葉・グレートアイランドC(6639ヤード・パー72)>

 4位発進の横峯さくら(27)が、3連続を含む4バーディー、ノーボギーの68で回り、逆転で今季4勝目(通算22勝)を挙げた。獲得賞金は1億1900万円を超えてトップに立ち、2位森田理香子(23)との差は約1170万円と逆転した。

 2度目の賞金女王タイトルに近づいた横峯が、「これから意識します。追われる立場になるので、また違うプレッシャーもあると思う」と言えば、森田は「(残り2戦優勝も)スイングのリズムさえおかしくしなければ大丈夫だと思う」とあきらめておらず、タイトルの行方が、がぜん面白くなってきた。

 最終日はトップに立っても冷静だった横峯だが、「舞台裏では相当カッカしていた」(関係者)そうだ。


 事の発端は12月15日の次姉の結婚式。その日はヒタチ3ツアーズが行われ、横峯は出場有資格者。ところが結婚式のため協会に辞退を申し出ると「特別な理由でない限り欠場は許されない。それでも欠場する場合は罰金100万円」と言われ、「じゃあ払うわよ」となったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る