巨人・沢村は「先発復帰確約」でも信用されていない

公開日: 更新日:

 秋季練習を行っている巨人沢村拓一(25)が19日、原監督と来季の起用法について話し合った。

 開幕から先発ローテで回ったが、6月21日以降勝てず、9月中旬から中継ぎへ転向。日本シリーズまで先発に戻ることはなかった。結局5勝10敗。原監督によると、「(先発かリリーフの)希望は?」と聞かれた沢村は「先発でやりたい」と答えたという。

 ひとまず先発復帰の約束を取り付けたとはいえ、安心はできない。原監督に「開幕の時点で形として出すことができたら。もし体(てい)をなしていなければ、また話し合うことになる」という条件を付けられたからだ。川口投手総合コーチは「監督は沢村の気持ちを尊重したんだろうけど、先発がダメならリリーフという流れ」と説明した。

<外からゴマンと投手入るんじゃ…>


 巨人はこの日、広島からFA宣言した大竹寛(30)と20日に広島市内で交渉すると発表した。球団内に賛否両論あった大竹取り。原監督は「(交渉は)オレもさっき聞いたんだよ」と話し、川口コーチも「大竹いくって言ってた?」と驚いた表情を見せた。手を挙げるか挙げないかのところで最終的なゴーサインが出たのは、先発ローテ4番手あたりに位置する沢村が計算できないからでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る