巨人・沢村は「先発復帰確約」でも信用されていない

公開日:  更新日:

 秋季練習を行っている巨人の沢村拓一(25)が19日、原監督と来季の起用法について話し合った。

 開幕から先発ローテで回ったが、6月21日以降勝てず、9月中旬から中継ぎへ転向。日本シリーズまで先発に戻ることはなかった。結局5勝10敗。原監督によると、「(先発かリリーフの)希望は?」と聞かれた沢村は「先発でやりたい」と答えたという。

 ひとまず先発復帰の約束を取り付けたとはいえ、安心はできない。原監督に「開幕の時点で形として出すことができたら。もし体(てい)をなしていなければ、また話し合うことになる」という条件を付けられたからだ。川口投手総合コーチは「監督は沢村の気持ちを尊重したんだろうけど、先発がダメならリリーフという流れ」と説明した。

<外からゴマンと投手入るんじゃ…>


 巨人はこの日、広島からFA宣言した大竹寛(30)と20日に広島市内で交渉すると発表した。球団内に賛否両論あった大竹取り。原監督は「(交渉は)オレもさっき聞いたんだよ」と話し、川口コーチも「大竹いくって言ってた?」と驚いた表情を見せた。手を挙げるか挙げないかのところで最終的なゴーサインが出たのは、先発ローテ4番手あたりに位置する沢村が計算できないからでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る