• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・沢村は「先発復帰確約」でも信用されていない

 秋季練習を行っている巨人の沢村拓一(25)が19日、原監督と来季の起用法について話し合った。

 開幕から先発ローテで回ったが、6月21日以降勝てず、9月中旬から中継ぎへ転向。日本シリーズまで先発に戻ることはなかった。結局5勝10敗。原監督によると、「(先発かリリーフの)希望は?」と聞かれた沢村は「先発でやりたい」と答えたという。

 ひとまず先発復帰の約束を取り付けたとはいえ、安心はできない。原監督に「開幕の時点で形として出すことができたら。もし体(てい)をなしていなければ、また話し合うことになる」という条件を付けられたからだ。川口投手総合コーチは「監督は沢村の気持ちを尊重したんだろうけど、先発がダメならリリーフという流れ」と説明した。

<外からゴマンと投手入るんじゃ…>


 巨人はこの日、広島からFA宣言した大竹寛(30)と20日に広島市内で交渉すると発表した。球団内に賛否両論あった大竹取り。原監督は「(交渉は)オレもさっき聞いたんだよ」と話し、川口コーチも「大竹いくって言ってた?」と驚いた表情を見せた。手を挙げるか挙げないかのところで最終的なゴーサインが出たのは、先発ローテ4番手あたりに位置する沢村が計算できないからでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る