巨人・沢村は「先発復帰確約」でも信用されていない

公開日: 更新日:

 秋季練習を行っている巨人の沢村拓一(25)が19日、原監督と来季の起用法について話し合った。

 開幕から先発ローテで回ったが、6月21日以降勝てず、9月中旬から中継ぎへ転向。日本シリーズまで先発に戻ることはなかった。結局5勝10敗。原監督によると、「(先発かリリーフの)希望は?」と聞かれた沢村は「先発でやりたい」と答えたという。

 ひとまず先発復帰の約束を取り付けたとはいえ、安心はできない。原監督に「開幕の時点で形として出すことができたら。もし体(てい)をなしていなければ、また話し合うことになる」という条件を付けられたからだ。川口投手総合コーチは「監督は沢村の気持ちを尊重したんだろうけど、先発がダメならリリーフという流れ」と説明した。

<外からゴマンと投手入るんじゃ…>


 巨人はこの日、広島からFA宣言した大竹寛(30)と20日に広島市内で交渉すると発表した。球団内に賛否両論あった大竹取り。原監督は「(交渉は)オレもさっき聞いたんだよ」と話し、川口コーチも「大竹いくって言ってた?」と驚いた表情を見せた。手を挙げるか挙げないかのところで最終的なゴーサインが出たのは、先発ローテ4番手あたりに位置する沢村が計算できないからでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る