二塁でベストナインでも…阪神・西岡「三塁」プランが浮上する理由

公開日: 更新日:

「来年も二塁でベストナインを取りたい」

 22日に契約更改を行い、2年契約の2年目を現状維持でサインした阪神の西岡がこう意気込んだ。

 メジャーで失敗し、日本球界復帰1年目となった今季、西岡は開幕からリードオフマンとしてチームを牽引。5月の試合中に左ヒザを痛め、登録抹消されることもあったものの、122試合に出場。打率.290をマークし、遊撃の鳥谷とともに、ベストナインを受賞した。西岡は来季も二塁でフル回転するつもりのようだが、首脳陣の中で「三塁コンバート案」も浮上しているという。

■心配な左ヒザ、上本の活躍

 西岡の左ヒザはメジャー時代からの古傷。今季は複雑な動きが要求される二塁守備のヒザの負担を考慮し、三塁手として7試合起用されたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る