二塁でベストナインでも…阪神・西岡「三塁」プランが浮上する理由

公開日: 更新日:

「来年も二塁でベストナインを取りたい」

 22日に契約更改を行い、2年契約の2年目を現状維持でサインした阪神の西岡がこう意気込んだ。

 メジャーで失敗し、日本球界復帰1年目となった今季、西岡は開幕からリードオフマンとしてチームを牽引。5月の試合中に左ヒザを痛め、登録抹消されることもあったものの、122試合に出場。打率.290をマークし、遊撃の鳥谷とともに、ベストナインを受賞した。西岡は来季も二塁でフル回転するつもりのようだが、首脳陣の中で「三塁コンバート案」も浮上しているという。

■心配な左ヒザ、上本の活躍

 西岡の左ヒザはメジャー時代からの古傷。今季は複雑な動きが要求される二塁守備のヒザの負担を考慮し、三塁手として7試合起用されたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る