アマ捕手にますます嫌われる 和田阪神の補強プラン

公開日:  更新日:

 ますます嫌われそうだ。阪神が国内FA権を行使するソフトバンク山崎勝己捕手(31)の獲得調査を開始した。すでに日本ハムからFA宣言する鶴岡慎也捕手(32)の調査と並行して行うようだが、それにしても近年の阪神は捕手ばかり補強している。

 09年オフにはマリナーズとの2年契約を破棄した城島を獲得。10年オフは楽天からFAした藤井を取り、12年4月には日ハムから今成をトレードで引っ張った。そして昨オフはオリックスのFA捕手・日高だ。

 今年の和田監督は、藤井を正妻として、2番手に日高、3番手に小宮山と清水を起用。打撃のいい今成は外野に回した。12年に72試合に出場した小宮山や今季39試合の清水といった生え抜き捕手たちは、なかなかマスクをかぶることはできない。

ディフェンス重視の和田監督は、来年38歳になる藤井のリードを買っているものの故障が多い。2番手日高も37歳になる。そこで若手に頼るより、一軍実績が豊富な鶴岡か山崎を補強したいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る