アマ捕手にますます嫌われる 和田阪神の補強プラン

公開日: 更新日:

 ますます嫌われそうだ。阪神が国内FA権を行使するソフトバンク山崎勝己捕手(31)の獲得調査を開始した。すでに日本ハムからFA宣言する鶴岡慎也捕手(32)の調査と並行して行うようだが、それにしても近年の阪神は捕手ばかり補強している。

 09年オフにはマリナーズとの2年契約を破棄した城島を獲得。10年オフは楽天からFAした藤井を取り、12年4月には日ハムから今成をトレードで引っ張った。そして昨オフはオリックスのFA捕手・日高だ。

 今年の和田監督は、藤井を正妻として、2番手に日高、3番手に小宮山と清水を起用。打撃のいい今成は外野に回した。12年に72試合に出場した小宮山や今季39試合の清水といった生え抜き捕手たちは、なかなかマスクをかぶることはできない。

ディフェンス重視の和田監督は、来年38歳になる藤井のリードを買っているものの故障が多い。2番手日高も37歳になる。そこで若手に頼るより、一軍実績が豊富な鶴岡か山崎を補強したいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

  10. 10

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

もっと見る