阪神と巨人の“珍トレード”がスタンリッジ退団決定で現実味

公開日:  更新日:

 ジェイソン・スタンリッジ(35)の阪神退団が決定し、他球団の動きが活発化しそうだ。

 スタンリッジは阪神の4年間で35勝。今季は8勝も、防御率はリーグ3位の2.74の成績を残した。巨人キラーでもあり、今季の対戦防御率は2.28。その巨人も今オフ、先発投手の補強が最重要課題となっている。即戦力投手は何人いてもいいという姿勢。交渉解禁となるFAでは、広島・大竹、中日・中田賢を狙っている。当然、スタンリッジ獲得に腰を浮かせないわけはない。

 一方、巨人にもフリーになりそうな助っ人先発投手がいる。今季9勝のデニス・ホールトン(34)だ。補強次第では契約延長は微妙な状況。パ・リーグの元最多勝投手の看板を引っさげて一昨年オフに入団したものの、原監督の評価は必ずしも高くない。さるチーム関係者によると、「常に6回3失点くらいの投球で、それが持ち味でもあるんだけど、原監督は、もっと上のレベルを望んでいる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る