阪神と巨人の“珍トレード”がスタンリッジ退団決定で現実味

公開日: 更新日:

 ジェイソン・スタンリッジ(35)の阪神退団が決定し、他球団の動きが活発化しそうだ。

 スタンリッジは阪神の4年間で35勝。今季は8勝も、防御率はリーグ3位の2.74の成績を残した。巨人キラーでもあり、今季の対戦防御率は2.28。その巨人も今オフ、先発投手の補強が最重要課題となっている。即戦力投手は何人いてもいいという姿勢。交渉解禁となるFAでは、広島・大竹、中日・中田賢を狙っている。当然、スタンリッジ獲得に腰を浮かせないわけはない。

 一方、巨人にもフリーになりそうな助っ人先発投手がいる。今季9勝のデニス・ホールトン(34)だ。補強次第では契約延長は微妙な状況。パ・リーグの元最多勝投手の看板を引っさげて一昨年オフに入団したものの、原監督の評価は必ずしも高くない。さるチーム関係者によると、「常に6回3失点くらいの投球で、それが持ち味でもあるんだけど、原監督は、もっと上のレベルを望んでいる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る