阪神と巨人の“珍トレード”がスタンリッジ退団決定で現実味

公開日: 更新日:

 ジェイソン・スタンリッジ(35)の阪神退団が決定し、他球団の動きが活発化しそうだ。

 スタンリッジは阪神の4年間で35勝。今季は8勝も、防御率はリーグ3位の2.74の成績を残した。巨人キラーでもあり、今季の対戦防御率は2.28。その巨人も今オフ、先発投手の補強が最重要課題となっている。即戦力投手は何人いてもいいという姿勢。交渉解禁となるFAでは、広島・大竹、中日・中田賢を狙っている。当然、スタンリッジ獲得に腰を浮かせないわけはない。

 一方、巨人にもフリーになりそうな助っ人先発投手がいる。今季9勝のデニス・ホールトン(34)だ。補強次第では契約延長は微妙な状況。パ・リーグの元最多勝投手の看板を引っさげて一昨年オフに入団したものの、原監督の評価は必ずしも高くない。さるチーム関係者によると、「常に6回3失点くらいの投球で、それが持ち味でもあるんだけど、原監督は、もっと上のレベルを望んでいる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る