阪神と巨人の“珍トレード”がスタンリッジ退団決定で現実味

公開日:  更新日:

 ジェイソン・スタンリッジ(35)の阪神退団が決定し、他球団の動きが活発化しそうだ。

 スタンリッジは阪神の4年間で35勝。今季は8勝も、防御率はリーグ3位の2.74の成績を残した。巨人キラーでもあり、今季の対戦防御率は2.28。その巨人も今オフ、先発投手の補強が最重要課題となっている。即戦力投手は何人いてもいいという姿勢。交渉解禁となるFAでは、広島・大竹、中日・中田賢を狙っている。当然、スタンリッジ獲得に腰を浮かせないわけはない。

 一方、巨人にもフリーになりそうな助っ人先発投手がいる。今季9勝のデニス・ホールトン(34)だ。補強次第では契約延長は微妙な状況。パ・リーグの元最多勝投手の看板を引っさげて一昨年オフに入団したものの、原監督の評価は必ずしも高くない。さるチーム関係者によると、「常に6回3失点くらいの投球で、それが持ち味でもあるんだけど、原監督は、もっと上のレベルを望んでいる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る