専門家も不安視する阪神・藤浪の「インステップ修正」

公開日: 更新日:

「将来のためとはいえ、彼本来の良さが失われてしまうんじゃないか」

 今オフの秋季キャンプで投球フォームの修正に取り組む阪神・藤浪晋太郎(19)に報道陣からこんな声が囁かれている。

 藤浪は今季、高卒新人で10勝(6敗)を挙げる活躍を見せたものの、投球時に左足を三塁側方向に踏み出す癖がある。この投げ方だと、左打者への内角球(右打者への外角球)がシュート回転しやすいうえ、必要以上に体をひねることによるリスクもある。

 首脳陣は今秋キャンプからフォーム修正に着手。三塁側に踏み出す左足をホームプレート側に着地させるよう指導しているのだが、当の本人は「投げる感覚が(以前のフォームと)全然違う」と、新フォームに戸惑いを感じている。

 本当にこの「インステップ投法」は害ばかりなのか。プロや大学で豊富な指導経験がある評論家の高橋善正氏に聞くと、「私が阪神のコーチなら、無理して投球フォームを変えることはしない」と言ってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る