パ球団が推薦で注目 新コミッショナー候補・荒木重雄の手腕

公開日:  更新日:

 歴代最年少の就任となるか。統一球問題で引責辞任した加藤良三前コミッショナー(72)の後任人事は22日、オーナー会議で結論が先送りとなったが、面白い候補が挙がっている。パ・リーグ球団が日本野球機構(NPB)の特別参与・荒木重雄氏(50)を推薦しているのだ。

 確かに荒木氏は、パ・リーグが条件として掲げている「ビジネス面でリーダーシップを取れる実務家」だ。

 1963年、群馬県桐生市生まれ。日本IBM、欧米の外資系通信会社の要職を歴任後、ドイツテレコム日本法人社長に就任。その後、東大スポーツマネジメントスクールに行き、05年に千葉ロッテマリーンズの企画広報部長になった。

■ロッテを人気球団に育てた

「当時、人気薄だったマリーンズを人気球団に変えた立役者です。球場近くの『海浜幕張駅を出たときからゲームは始まっている』と唱え、JRの発車ベルを応援歌にし、駅には100枚ものポスターを飾った。スタジアムまで続く道には球団フラッグを並べるなど、演出に凝った。全席入場料1500円デーやビール半額デーを設けるなど、地域密着のファンサービスが功を奏し、すぐに球団史上最高の観客動員数、売上高を記録したのです」(球団経営に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る