パ球団が推薦で注目 新コミッショナー候補・荒木重雄の手腕

公開日:  更新日:

 歴代最年少の就任となるか。統一球問題で引責辞任した加藤良三前コミッショナー(72)の後任人事は22日、オーナー会議で結論が先送りとなったが、面白い候補が挙がっている。パ・リーグ球団が日本野球機構(NPB)の特別参与・荒木重雄氏(50)を推薦しているのだ。

 確かに荒木氏は、パ・リーグが条件として掲げている「ビジネス面でリーダーシップを取れる実務家」だ。

 1963年、群馬県桐生市生まれ。日本IBM、欧米の外資系通信会社の要職を歴任後、ドイツテレコム日本法人社長に就任。その後、東大スポーツマネジメントスクールに行き、05年に千葉ロッテマリーンズの企画広報部長になった。

■ロッテを人気球団に育てた

「当時、人気薄だったマリーンズを人気球団に変えた立役者です。球場近くの『海浜幕張駅を出たときからゲームは始まっている』と唱え、JRの発車ベルを応援歌にし、駅には100枚ものポスターを飾った。スタジアムまで続く道には球団フラッグを並べるなど、演出に凝った。全席入場料1500円デーやビール半額デーを設けるなど、地域密着のファンサービスが功を奏し、すぐに球団史上最高の観客動員数、売上高を記録したのです」(球団経営に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る