パ球団が推薦で注目 新コミッショナー候補・荒木重雄の手腕

公開日: 更新日:

 歴代最年少の就任となるか。統一球問題で引責辞任した加藤良三前コミッショナー(72)の後任人事は22日、オーナー会議で結論が先送りとなったが、面白い候補が挙がっている。パ・リーグ球団が日本野球機構(NPB)の特別参与・荒木重雄氏(50)を推薦しているのだ。

 確かに荒木氏は、パ・リーグが条件として掲げている「ビジネス面でリーダーシップを取れる実務家」だ。

 1963年、群馬県桐生市生まれ。日本IBM、欧米の外資系通信会社の要職を歴任後、ドイツテレコム日本法人社長に就任。その後、東大スポーツマネジメントスクールに行き、05年に千葉ロッテマリーンズの企画広報部長になった。

■ロッテを人気球団に育てた

「当時、人気薄だったマリーンズを人気球団に変えた立役者です。球場近くの『海浜幕張駅を出たときからゲームは始まっている』と唱え、JRの発車ベルを応援歌にし、駅には100枚ものポスターを飾った。スタジアムまで続く道には球団フラッグを並べるなど、演出に凝った。全席入場料1500円デーやビール半額デーを設けるなど、地域密着のファンサービスが功を奏し、すぐに球団史上最高の観客動員数、売上高を記録したのです」(球団経営に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る