韓国でも大ブーイング 亀田興毅「不可解判定」で“海外防衛”

公開日: 更新日:

 判定直後の会場は大きなブーイングに包まれた。

 韓国で行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチは亀田興毅(27)が判定で同級14位の孫正五(32=韓国)を下し、日本歴代4位に並ぶ8度目の防衛に成功。日本人としては海外で世界王座を防衛した4人目のチャンピオンとなった。

 それにしても不可解な判定だった。亀田は5回、孫の右ストレートを顔面にくらう。9回には連打を浴びてサンドバッグ状態。10回は孫の左フックでダウンを奪われた。12回を終えると孫は勝利を確信。左右のまぶたを切った亀田はリングサイドで不安げな表情を見せていたことからも勝敗は明らかだったが、軍配はなぜか亀田に上がった。

 26戦20勝4敗2分けの孫はKOはたったの6回。07年に韓国スーパーフライ級王者となり国内で2階級制覇し、今回はバンタム級にクラスを上げて初の世界挑戦。しかも実戦は昨年12月以来。練習不足から上半身に筋肉はなく、カラダは真っ白。そんな相手でも亀田はKOできずに疑惑の勝利となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る