韓国でも大ブーイング 亀田興毅「不可解判定」で“海外防衛”

公開日: 更新日:

 判定直後の会場は大きなブーイングに包まれた。

 韓国で行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチは亀田興毅(27)が判定で同級14位の孫正五(32=韓国)を下し、日本歴代4位に並ぶ8度目の防衛に成功。日本人としては海外で世界王座を防衛した4人目のチャンピオンとなった。

 それにしても不可解な判定だった。亀田は5回、孫の右ストレートを顔面にくらう。9回には連打を浴びてサンドバッグ状態。10回は孫の左フックでダウンを奪われた。12回を終えると孫は勝利を確信。左右のまぶたを切った亀田はリングサイドで不安げな表情を見せていたことからも勝敗は明らかだったが、軍配はなぜか亀田に上がった。

 26戦20勝4敗2分けの孫はKOはたったの6回。07年に韓国スーパーフライ級王者となり国内で2階級制覇し、今回はバンタム級にクラスを上げて初の世界挑戦。しかも実戦は昨年12月以来。練習不足から上半身に筋肉はなく、カラダは真っ白。そんな相手でも亀田はKOできずに疑惑の勝利となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る