森田理香子「賞金女王」で女子プロのプレースタイルどう変わる?

公開日: 更新日:

 LPGAツアー選手権リコーカップ最終日は、首位と1打差3位発進の大山志保(36)が1イーグル、6バーディー、2ボギーのベストスコア66で回り、逆転で2年ぶり通算13勝目を地元で挙げた。

 ツアー最終戦までもつれた賞金女王レースは、追う横峯さくら(27)がスコアを2つ伸ばして通算3オーバー7位(286万4000円)。森田理香子(23)は1つ落として通算4オーバー12位(136万円)。その差、約130万円と、森田が辛くも逃げ切って初のタイトルを獲得した。

「(タイトル争いは)疲れたし、簡単には取れないと思ったけど、横峯さんからいろいろ学ばせてもらった。課題も増えたので、もう一度いいプレーが出来るように練習します。(初女王は)すごくうれしい。これからのプレッシャーも大変ですが、さらに上を目指して努力していきます」(森田)

■4番アイアン使用はスイング精度が高い証拠

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る