賞金女王争い 「横峯vs森田」280万円差の“人間模様”

公開日: 更新日:

■大王製紙エリエールレディス 愛媛・エリエールGC松山=6442ヤード・パー72
 前戦の伊藤園レディスでは横峯さくら(27)が4勝目を挙げ、それまで首位キープの森田理香子(23)に1170万円差をつけてトップに躍り出た。

 そして大王製紙エリエールレディスは森田が、「スイングさえよければ残り2戦連続優勝もある」の宣言どおり、5カ月ぶりとなる優勝でトップの座を奪い返した。

 森田の獲得賞金は約1億2530万円、横峯が約1億2250万円。すでに“女王権利”は2人に絞られており、その差は約280万円。若くて勢いのある森田が初タイトル獲得か、それとも2009年以来4年ぶり2度目の横峯か。

 いずれにしろ3年連続で韓国勢が独占した女王タイトルの行方は、日本選手2人によって最終戦リコーカップ(28日開幕)で決着がつくだけに、目が離せなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る