賞金女王争い 「横峯vs森田」280万円差の“人間模様”

公開日: 更新日:

■大王製紙エリエールレディス 愛媛・エリエールGC松山=6442ヤード・パー72
 前戦の伊藤園レディスでは横峯さくら(27)が4勝目を挙げ、それまで首位キープの森田理香子(23)に1170万円差をつけてトップに躍り出た。

 そして大王製紙エリエールレディスは森田が、「スイングさえよければ残り2戦連続優勝もある」の宣言どおり、5カ月ぶりとなる優勝でトップの座を奪い返した。

 森田の獲得賞金は約1億2530万円、横峯が約1億2250万円。すでに“女王権利”は2人に絞られており、その差は約280万円。若くて勢いのある森田が初タイトル獲得か、それとも2009年以来4年ぶり2度目の横峯か。

 いずれにしろ3年連続で韓国勢が独占した女王タイトルの行方は、日本選手2人によって最終戦リコーカップ(28日開幕)で決着がつくだけに、目が離せなくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る