森田理香子「賞金女王」で女子プロのプレースタイルどう変わる?

公開日: 更新日:

 森田は岡本綾子を師匠に持ち、スイングの美しさには定評がある。今季のイーグル数8はランク3位、平均バーディー数は3・4167(ランク4位)と、爆発力もある。

 テレビ解説の塩谷育代が、「女子プロで4Iを使う人はいないんじゃないかしら」と驚いたように、大会4日間とも317ヤードと距離の短い17番パー4の1打目に4Iを使い200ヤード近く飛ばしていた。

 クラブデザイナーの高橋治氏がこう解説してくれた。

「女子プロの多くはロングアイアンの代わりにユーティリティークラブを使っています。低重心のためボールが上がって、グリーンに止まる。慣性モーメントも高いのでミスをカバーしてくれてやさしい。その半面、風に影響されやすいデメリットがある。しかし4Iなら同じ飛距離を風に影響されないように低く抑えて打つことが出来る。今の4Iはひと昔前の3Iとロフトが同じで、ヘッドスピードは45、46メートルぐらいないとボールが上がらない。森田はパワーがあって、体の近くをクラブが通り、ロフト通りにボールを打てる。スイングの精度が高い証しです。シャフトの長いアイアンを使いこなせるというのは全番手で方向と距離のばらつきが少ないわけで、ゴルフのクオリティーは非常に高い。4Iを使いこなせる森田が頂点に立ったことで、これから女子プロのプレースタイルが変わってくるかもしれません」

 女子ツアーもドライバーで250ヤードを楽々と越えるプロが増えており、予選カットのスコアもここ数年でアップしている。4Iを使えないようでは、勝てないパワー時代に突入――。それを暗示する新賞金女王誕生だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る