監督の孫の誕生日まで記憶…楽天1位・松井を支えた母親の「気配り」

公開日: 更新日:

「あ、そういえばカズくんの誕生日って明日だし、これプレゼントにちょうどいいんじゃないの?」
「……勝手にすれば?」

 はしゃぐ母の真琴さん(41)に、松井はそっけなく呟く。いかにも思春期の子とその母といったやりとりを、周囲の報道陣もほほ笑みを浮かべて見守っていた。

 11月28日に行われた入団会見での一幕。「カズくん」とは松井の弟の和輝くん(16)のこと。入団会見用に楽天からもらったユニホームと帽子を見て、真琴さんが「これを次男の誕生日プレゼントに」と言ったのだ。

■職場結婚から専業主婦へ

 真琴さんは千葉県、父の良友さん(55)は神奈川県生まれ。良友さんがドラフト指名時に「10月31日は我々の20回目の結婚記念日」と話していたように、2人は93年に結婚。一家を知る関係者は「良友さんは当時から今と同じ、アパレル関係の仕事をしていた。その職場でアルバイトをしていたお母さんと知り合ったらしいね。職場結婚してからは、お母さんは専業主婦になったようだ」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    サイン盗み告発で指導禁止 星稜・林監督だけが悪者なのか

もっと見る