有力外野手がゴロゴロ…イチローのトレードに猛烈逆風

公開日: 更新日:

 買い取り手が現れない可能性も出てきた。ヤンキースでトレード要員になっているベテラン外野手イチロー(40)のことだ。

 MLBの球団関係者が一堂に会するウインター・ミーティングが9日(日本時間10日)、フロリダ州オーランドで開幕(12日まで)。各球団のGMの話題がレイズのサイ・ヤング賞左腕プライスに集中する中、俊足巧打で知られるタイガースのオースティン・ジャクソン外野手(26)の動向にも注目が集まった。

 ジャクソンとの交換でタイガースは有力な先発投手の獲得に動くといわれる。今オフのトレード市場はイチローの同僚であるガードナーの他、ケンプ、イーシアー(ドジャース)、スタントン(マーリンズ)らベテラン、若手も含めて有力外野手が名を連ねている。

 外野手の補強が課題の球団はガードナー、スタントンら若手の獲得を優先するのは明らか。来年、41歳になるイチローが後回しになるのは当然だ。

 複数の米メディアの報道によれば、ガードナーのトレードは今週中にもまとまるという。
 ヤンキースによるイチローの移籍先探しは難航しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る