• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

居心地良すぎ…「巨人からメジャー行き」8年は出ない

 16日に優勝旅行先のハワイから帰国した巨人ナインも「マー君、どうなりました?」と気になる様子だったが、将来的に巨人から海を渡る選手はいるのか。

 かつては松井、世界一になった上原(レッドソックス)や高橋尚(前ロッキーズ傘下3A)らが巨人を飛び出してメジャーリーガーになった。

 某巨人OBが言う。
「マー君や広島の前田健といった球界を代表するメジャー志向が強い選手と同い年の坂本と沢村もかつてはあったみたい。でも2人とも今年は成績が落ちたので口にしなくなった。先輩の阿部も内海も興味はあったのに、結局大型契約を結んで残留した。それだけ巨人の居心地がいいからでしょう。あと3年で海外FAを取得する坂本の気持ちが変化するか注目です」

■菅野が順調なら…

 メジャー関係者の間で最も人気があるのはセットアッパーの山口だという。今季は自身のプロ野球記録を更新する6年連続60試合登板の鉄腕ぶり。海外FAまでこちらもあと3年だ。日本球界最高のリリーバーだから当然といえば当然だが、肝心の本人にその気はないようだ。育成で拾ってくれた球団や原監督への恩義、米独立リーグ時代の苦労が逆にトラウマになっているからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る