居心地良すぎ…「巨人からメジャー行き」8年は出ない

公開日:  更新日:

 16日に優勝旅行先のハワイから帰国した巨人ナインも「マー君、どうなりました?」と気になる様子だったが、将来的に巨人から海を渡る選手はいるのか。

 かつては松井、世界一になった上原(レッドソックス)や高橋尚(前ロッキーズ傘下3A)らが巨人を飛び出してメジャーリーガーになった。

 某巨人OBが言う。
「マー君や広島の前田健といった球界を代表するメジャー志向が強い選手と同い年の坂本と沢村もかつてはあったみたい。でも2人とも今年は成績が落ちたので口にしなくなった。先輩の阿部も内海も興味はあったのに、結局大型契約を結んで残留した。それだけ巨人の居心地がいいからでしょう。あと3年で海外FAを取得する坂本の気持ちが変化するか注目です」

■菅野が順調なら…

 メジャー関係者の間で最も人気があるのはセットアッパーの山口だという。今季は自身のプロ野球記録を更新する6年連続60試合登板の鉄腕ぶり。海外FAまでこちらもあと3年だ。日本球界最高のリリーバーだから当然といえば当然だが、肝心の本人にその気はないようだ。育成で拾ってくれた球団や原監督への恩義、米独立リーグ時代の苦労が逆にトラウマになっているからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る