日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・村田の処世術 「外様初の選手会長」に「松井派入り」

 巨人の選手会長に就任する村田修一(32)が多忙だ。優勝旅行先のハワイから16日に帰国。18日はディナーショーに参加した。19日は巨人の新ユニホームのお披露目にモデルとして駆り出される予定となっている。

 横浜から巨人へFA移籍して2年。主力のほとんどが不参加だったV旅行にも家族で参加するなど、フットワークの軽さで周囲の信頼を得た。球団史上初の移籍組選手会長という異例の“出世”は、その結果でもある。

 FA入団の大物は小笠原(現中日)や杉内のような一匹狼が多い。成績が落ちると孤立無援になりやすいが、村田は正反対。投手、野手、裏方の垣根なく、酒を酌み交わすのが好き。自分の言葉で話ができることもあって報道陣にも人気が高い。金髪、モヒカン、ヒゲなど、横浜時代はヤンチャで知られたが、今ではすっかり優等生だ。

 来季の目標は「3割、30本、100打点」。そのために近づきたい人物がいるという。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事