巨人・高橋由伸に「引退」を撤回させた松井秀喜の“真意”

公開日: 更新日:

「もう、引退かな……」
 今年4月のこと。左ふくらはぎの肉離れで長期離脱を余儀なくされた巨人高橋由伸(38)は周囲にポツリと漏らした。

 度重なるケガと毎年のように格闘。トシもトシだ。チーム最年長のベテランが、ボチボチ潮時かもしれないと考えたのは自然なことだ。

 そんな高橋の気持ちをもう一度、奮い立たせたのは、1つ年上の松井秀喜(39)のひと言だった。
 5月5日、東京ドームの広島戦の前に行われた国民栄誉賞の授賞式に出席した松井に、
「とにかく、しぶとく1年でも長くやれ!」
 と言われたという。

 松井は昨年、開幕しても所属チームが決まらなかった。通常ならチームに帯同してキャンプとオープン戦をこなしている時期、ニューヨークでマシン相手の打撃練習を繰り返した。練習の中身は例年と比べて、むしろ濃いと思ったくらい。やれることはやったという気持ちもあった。

 4月下旬にレイズとマイナー契約。5月下旬にメジャー昇格したものの、結果が伴わなかった。やるべきことをやりながら結果がついてこなかったことで12月、現役生活に終止符を打った経緯がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感