日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・高橋由伸に「引退」を撤回させた松井秀喜の“真意”

「もう、引退かな……」
 今年4月のこと。左ふくらはぎの肉離れで長期離脱を余儀なくされた巨人の高橋由伸(38)は周囲にポツリと漏らした。

 度重なるケガと毎年のように格闘。トシもトシだ。チーム最年長のベテランが、ボチボチ潮時かもしれないと考えたのは自然なことだ。

 そんな高橋の気持ちをもう一度、奮い立たせたのは、1つ年上の松井秀喜(39)のひと言だった。
 5月5日、東京ドームの広島戦の前に行われた国民栄誉賞の授賞式に出席した松井に、
「とにかく、しぶとく1年でも長くやれ!」
 と言われたという。

 松井は昨年、開幕しても所属チームが決まらなかった。通常ならチームに帯同してキャンプとオープン戦をこなしている時期、ニューヨークでマシン相手の打撃練習を繰り返した。練習の中身は例年と比べて、むしろ濃いと思ったくらい。やれることはやったという気持ちもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事