日本代表の“苦手”がギッシリ…W杯「C組のライバル」を徹底分析

公開日:  更新日:

 アフリカのコートジボワール、欧州のギリシャ、南米のコロンビア……ザッケローニ監督率いる日本代表入ったC組には、歴代W杯優勝国はいない。そのせいか、組み分け決定後から日本国内には、「組み合わせに恵まれた。グループリーグ突破の可能性は高い」という楽観論がはびこるようになった。

「その筆頭がスポーツマスコミ。彼らの楽観論の根拠は<11月の欧州遠征で強豪オランダと2―2で引き分け、タレント揃いのベルギーに3―2で勝利した>こと。日本は無敗で切り抜けて1位通過のチャンスあり! と真顔で話すサッカー担当記者もいる」(フリーのサッカージャーナリスト)

 あるテレビ局は8日、日本と3カ国との対戦をコンピューターゲームのソフトを使ってシミュレーション。「2勝1分けで決勝トーナメント進出です!」と、能天気に騒いでいた。


 勘違いも甚だしいとはこのコトだろう。対戦相手の戦力と日本代表の現況をシビアに検証すれば、むしろ日本はグループリーグ敗退の危機に瀕している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る