• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本代表の“苦手”がギッシリ…W杯「C組のライバル」を徹底分析

 アフリカのコートジボワール、欧州のギリシャ、南米のコロンビア……ザッケローニ監督率いる日本代表入ったC組には、歴代W杯優勝国はいない。そのせいか、組み分け決定後から日本国内には、「組み合わせに恵まれた。グループリーグ突破の可能性は高い」という楽観論がはびこるようになった。

「その筆頭がスポーツマスコミ。彼らの楽観論の根拠は<11月の欧州遠征で強豪オランダと2―2で引き分け、タレント揃いのベルギーに3―2で勝利した>こと。日本は無敗で切り抜けて1位通過のチャンスあり! と真顔で話すサッカー担当記者もいる」(フリーのサッカージャーナリスト)

 あるテレビ局は8日、日本と3カ国との対戦をコンピューターゲームのソフトを使ってシミュレーション。「2勝1分けで決勝トーナメント進出です!」と、能天気に騒いでいた。


 勘違いも甚だしいとはこのコトだろう。対戦相手の戦力と日本代表の現況をシビアに検証すれば、むしろ日本はグループリーグ敗退の危機に瀕している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る