都並敏史が見たCWC 「バイエルンは日本代表の格好のお手本」

公開日: 更新日:

「TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ モロッコ2013」の現地解説者としてモロッコに滞在しています。

 ついに欧州王者バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が登場。準決勝でアジア代表の中国・広州恒大と対戦し、 FWリベリー、FWマンジュキッチ、MFゲッツェの得点で3対0の完勝、優勝に大手をかけました。

 スタジアムの放送ブースでバイエルンの戦い方を見ながら、「日本代表も見習うべき」と感じたシーンがありました。

 MFクロースとMFラームは試合序盤、ボランチの位置で相手が積極的に出てくるのか? それとも守って様子を見るのか? 観察しながらプレーしました。広州恒大の戦術が「守ってカウンター」であることを確認すると、ラームは右サイドを深く進入しゴール前にクロスを送ったり、攻め入ったクロースがクロスバー直撃のシュートを放ったり、果敢に攻撃に関わるようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る