MFがコケたらみなコケる…本田ミラン移籍で深まるザックの悩み

公開日: 更新日:

 ザッケローニ日本代表監督(60)が16日、外国特派員協会で記者会見を行った。

 質疑応答中、「本田が来年1月からミランでプレーする。半年後にはW杯開幕。難しい時期なのでは?」との質問には、「良いタイミングでの移籍。彼のモチベーションは上がり、代表チームに良好なハーモニーをもたらしてくれる」と前向きにコメントしたが、実はザックの悩みはますます深まったのではと心配されている。

■25得点のうち21点がMF

 理由は、代表の得点がMFに偏っていることだ。ザック日本は13年に国内組で臨んだ東アジア杯を除くと16試合を戦い、計25得点中21点をFW以外が決めている。トップ下の本田が8点でトップ。左サイドの岡崎6点、右サイドの香川4点と続いてボランチの遠藤が2点。FWはハーフナー、柿谷、工藤、大迫が各1点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  10. 10

    BC埼玉入団の田澤はメジャーで25.6億円!アマに夢を与えた

もっと見る