日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MFがコケたらみなコケる…本田ミラン移籍で深まるザックの悩み

 ザッケローニ日本代表監督(60)が16日、外国特派員協会で記者会見を行った。

 質疑応答中、「本田が来年1月からミランでプレーする。半年後にはW杯開幕。難しい時期なのでは?」との質問には、「良いタイミングでの移籍。彼のモチベーションは上がり、代表チームに良好なハーモニーをもたらしてくれる」と前向きにコメントしたが、実はザックの悩みはますます深まったのではと心配されている。

■25得点のうち21点がMF

 理由は、代表の得点がMFに偏っていることだ。ザック日本は13年に国内組で臨んだ東アジア杯を除くと16試合を戦い、計25得点中21点をFW以外が決めている。トップ下の本田が8点でトップ。左サイドの岡崎6点、右サイドの香川4点と続いてボランチの遠藤が2点。FWはハーフナー、柿谷、工藤、大迫が各1点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事