日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース“マー君撤退”はウソ? 「代理人と交渉」情報も

 田中将大(25)争奪戦で当初、ヤンキースと並ぶ「大本命」といわれながら、すっかり鳴りを潜めているのがドジャースだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が発表した移籍先予想ランキングによれば、1位マリナーズ、2位ヤンキース、3位フィリーズで、ドジャースは6位にも入っていない。すでに先発の頭数が揃ったことを理由に、ロサンゼルスの地元紙も田中獲得に関し「様子を見る」と一時ほど熱を入れていないと報道。「ドジャース撤退か」と書いたスポーツ紙も中にはある。

 ドジャースは昨年11月下旬、FAで右腕・ヘイレン(33)を獲得。カーショー(25)、グレインキー(30)、柳賢振(26)、ビリングズリー(29)、ベケット(33)と、確かに先発の頭数はそろった。

 しかし、ビリングズリーとベケットはともに手術明けで病み上がり。実績十分だけに期待はしても、計算できるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事