ドジャース“マー君撤退”はウソ? 「代理人と交渉」情報も

公開日: 更新日:

 田中将大(25)争奪戦で当初、ヤンキースと並ぶ「大本命」といわれながら、すっかり鳴りを潜めているのがドジャースだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が発表した移籍先予想ランキングによれば、1位マリナーズ、2位ヤンキース、3位フィリーズで、ドジャースは6位にも入っていない。すでに先発の頭数が揃ったことを理由に、ロサンゼルスの地元紙も田中獲得に関し「様子を見る」と一時ほど熱を入れていないと報道。「ドジャース撤退か」と書いたスポーツ紙も中にはある。

 ドジャースは昨年11月下旬、FAで右腕・ヘイレン(33)を獲得。カーショー(25)、グレインキー(30)、柳賢振(26)、ビリングズリー(29)、ベケット(33)と、確かに先発の頭数はそろった。

 しかし、ビリングズリーとベケットはともに手術明けで病み上がり。実績十分だけに期待はしても、計算できるわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る