• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー挑戦のマー君 本当はある「行きたくない球団」

「入札してくださる球団が多ければ多いほど、選択肢が広がる」
 メジャー挑戦が決まった田中将大(25)は、球団選びのポイントに関してこう言っている。

 田中は兵庫県出身。中学時代は関西選抜に選ばれながら、地元関西の野球名門校ではなく北海道の駒大苫小牧へ。ドラフトでプロ入りするときも12球団OK。当時2年連続最下位だった楽天が交渉権を得ても、二つ返事で入団した。今回も「ひとつ上のステージ」で世界一の投手になりたい欲はあるものの、どうしてもこのチームのユニホームを着たい、この都市でプレーしたいという気持ちは希薄らしい。

 しかし、田中と親しい地元・仙台のマスコミ関係者によれば「それでもこういうチームはちょっと勘弁……というところはある」そうだ。

「これまでは自分の実力だけで道を切り開けばよかった。極端な話、どこでプレーするかは問題じゃなかった。けれども去年、家庭をもって守らなきゃならないものができたことで、人生観が変わった。家族が安心して暮らせる住みやすい都市が理想だし、メジャーの評価はカネも含めた条件がすべてだということも理解しています。そうなると北米中部の規模が小さい都市を本拠地にするチームや、争奪戦を勝ち抜けるだけの体力、資金力のない球団は必然的に淘汰されるでしょう。例えばツインズとか、ブルワーズなんかはね」

 田中は26日、報知プロスポーツ大賞に出席、「(メジャーに)入るだけで満足せず、活躍して好成績を残せるようにしたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る