周囲はハレモノ扱い? 落合GM“肝いり”小笠原は大丈夫か

公開日: 更新日:

 キャンプの一軍スタートが決定した中日の小笠原道大(40)。自主トレではひとり黙々と練習するなど、相変わらずの職人気質である。

 その小笠原の扱いについて懸案事項が出てくると、某中日OBが言う。
「ただでさえ近寄りがたい雰囲気がある上、あれだけの実績があって、しかも打撃の師匠である落合GMの肝いりで中日にやってきた。巨人時代も原監督をはじめ、小笠原の対応にはかなり気を使っていたと聞いている。コーチが簡単にアドバイスをしたり、教えたりするわけにはいかんでしょ」

 小笠原の実績については、いまさら言うまでもないものの、ここ数年は全盛期の面影はなく、復活には周囲の手助けも必要となるはず。しかし、「周囲の気遣いによって、チームでポツンと取り残されかねない」(前出のOB)というのだ。

 中日には谷繁監督をはじめ、山本昌、和田、岩瀬と実績のある選手がいる。チームに溶け込むことはできても、彼らが野球の技術について、ああしろこうしろと言うことはないだろう。そうなると、落合GMにゆだねる他ない。ユニホーム組ではないとはいえ、直接指導することに何の問題もない。チーム内でも、「小笠原は落合GMの聖域」と言う声も聞かれる。

 落合GMは他球団の視察も予定しており、チームにベッタリと張り付けないが、小笠原の復活は結局、落合GMの手腕にかかっているといえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る