日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落合GMアレルギー? 名古屋企業に相次ぐ「シーズンシート予定なし」

「落合GMが就任し、中部財界がどう反応するか……」
 中日の地元名古屋では、こんな声が出ている。

 落合GMといえば04年から11年までの8年間の中日監督時代、中部財界との関係が必ずしも良好ではなかったといわれている。

 主に法人がお得意さまとなっているシーズンシートの売り上げが落ち、またナゴヤドームの広告看板から撤退する企業も出た。

「中部財界はリーマン・ショックによる景気後退もあり、やむなく買い控えを決断した企業があったともいわれるが、一方で落合GMに対するアレルギーがあったのも事実だった。監督在任中は、中日監督の恒例行事だった企業への挨拶回りをやらず、自動車大手スズキの鈴木修会長が『私はビジネスマンは良き社会人でなければならないと考えますが、落合博満さんは違うようです』との発言も飛び出した。実際、10月に一部マスコミで『落合監督復帰』と報じられた際には、財界から反発の声が出たそうです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事