落合GMアレルギー? 名古屋企業に相次ぐ「シーズンシート予定なし」

公開日: 更新日:

「落合GMが就任し、中部財界がどう反応するか……」
 中日の地元名古屋では、こんな声が出ている。

 落合GMといえば04年から11年までの8年間の中日監督時代、中部財界との関係が必ずしも良好ではなかったといわれている。

 主に法人がお得意さまとなっているシーズンシートの売り上げが落ち、またナゴヤドームの広告看板から撤退する企業も出た。

「中部財界はリーマン・ショックによる景気後退もあり、やむなく買い控えを決断した企業があったともいわれるが、一方で落合GMに対するアレルギーがあったのも事実だった。監督在任中は、中日監督の恒例行事だった企業への挨拶回りをやらず、自動車大手スズキの鈴木修会長が『私はビジネスマンは良き社会人でなければならないと考えますが、落合博満さんは違うようです』との発言も飛び出した。実際、10月に一部マスコミで『落合監督復帰』と報じられた際には、財界から反発の声が出たそうです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る