【伏魔殿相撲協会 2・1理事選】北の湖理事長は辞任を申し出た懐刀を「オレが守る」と制した

公開日: 更新日:

 A氏がX氏に裏金を渡すシーンを撮影した動画は22日にアップされ、いまも動画サイト「You Tube」で見ることができる。

 これだけハレンチなスキャンダルが明らかになったにもかかわらず、相撲協会は公益財団法人に移行する。普通なら内部はてんやわんや、理事長やX氏の責任問題に発展してしかるべきなのに、彼らの焦点は2月1日に迫った理事選だという。

 定数10人で、立候補者は11人。「伊勢ケ浜一門から立候補した友綱親方が落選する」(相撲担当記者)と理事選自体はほとんど無風でも、問題は理事選後に決まる理事長がだれになるかという点だ。

 理事長は理事10人の互選で決まり、現理事長の意向が反映されるのが通例だ。つまり続投か、自分が辞めるとすればだれを推薦するのかは、北の湖理事長の腹ひとつなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る