• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【伏魔殿相撲協会 2・1理事選】北の湖理事長は辞任を申し出た懐刀を「オレが守る」と制した

「辞めることはない。オレが守るから」

 そのとき、北の湖理事長はこう言ったという。
「週刊ポスト」が「相撲協会『1億円パチンコ利権』北の湖理事長の“右腕”への『裏ガネ授受現場』」と題して報じたスキャンダル。昨夏、相撲協会と某パチンコメーカーとの間で契約が成立した。有名力士が実名で登場するパチンコ台をつくるのが目的で、契約金は1億円。契約に深くかかわったのは相撲協会幹部で、北の湖理事長の右腕といわれるX氏。記事は途中までこの計画に加わっていた広告代理店経営者A氏がX氏を告発する内容で、A氏がX氏に裏金を渡したときの動画まで掲載された。

■早い時期からウワサ

 それが、契約が成立した直後なのか、いまから2、3カ月前なのかは定かじゃない。この計画の中心人物だったX氏が裏金をもらうシーンを撮影した動画が存在するというウワサは、かなり早い時期から協会内部の理事の間で囁かれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る