松坂、井川の例も…やっぱり心配なマー君「年俸20億円超」契約

公開日:  更新日:

 メジャーでまだ1球も投げていない投手の報酬としては破格というしかない。米メディアが報じる田中将大(25)の年俸総額のことだ。

 新人最高額となる6年総額1億ドル(約100億円)を突破するのはほぼ確実。6年総額140億円の決着といわれたのも束の間、「どこかの球団が総額175億円を払う可能性がある」というウワサまで飛び出した。入札金の20億円を入れれば200億円だと騒いでいる。いずれにせよ平均年俸は20億円をくだらないともっぱらだ。

 昨季の年俸が20億円を超した選手はメジャー全体で20人。そのうち投手は10人しかいない。年俸だけでいえば、田中はすでにスーパーエース級の扱いになる。

 しかし、年俸の異常な高騰は、必ずしもプラスに作用しない。ケガをしたり、思うような結果が残せなかったりしたときに、高額な年俸が足かせになって身動きが取れなくなるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る