日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バントシフト練習で露呈…松井裕は「牽制」と「捕球動作」にも難あり

 体力不足に続いて、またもや弱点発覚だ。

 5日、楽天のドラフト1位左腕・松井裕樹(18=桐光学園)が、ブルペンで決め球のスライダーをプロ入り初めて披露。計65球のうち4球を投じたスライダーは、正捕手の嶋が捕りそこなうほどのキレを見せ、周囲をうならせた。

 ところが、松井裕はその直前、別の意味で首脳陣をうならせていた。バントシフト練習で一塁に牽制球を投げると、審判が「ボーク!」。その後もボークを取られ、牽制球で2度もミスをしたのだ。山口審判が言う。

「(牽制球を投げる際)踏み出す右足が正しく一塁方向に向いていない。試合でももちろんボークを取られます」

 松井裕は高校時代から牽制やフィールディングに「難あり」といわれていた。中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督が「昔からそうでした」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事