• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バントシフト練習で露呈…松井裕は「牽制」と「捕球動作」にも難あり

 体力不足に続いて、またもや弱点発覚だ。

 5日、楽天のドラフト1位左腕・松井裕樹(18=桐光学園)が、ブルペンで決め球のスライダーをプロ入り初めて披露。計65球のうち4球を投じたスライダーは、正捕手の嶋が捕りそこなうほどのキレを見せ、周囲をうならせた。

 ところが、松井裕はその直前、別の意味で首脳陣をうならせていた。バントシフト練習で一塁に牽制球を投げると、審判が「ボーク!」。その後もボークを取られ、牽制球で2度もミスをしたのだ。山口審判が言う。

「(牽制球を投げる際)踏み出す右足が正しく一塁方向に向いていない。試合でももちろんボークを取られます」

 松井裕は高校時代から牽制やフィールディングに「難あり」といわれていた。中学時代に所属していた緑東シニアの中丸敬治監督が「昔からそうでした」と続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る