日本一でもファン微増…楽天「久米島キャンプ」撤退説再び

公開日: 更新日:

 あの話が再燃しそうだ。
 星野仙一監督(67)が楽天の指揮官に就任したのは10年オフ。当初から星野監督と楽天はキャンプ地を久米島から沖縄本島に移そうという計画があったという。沖縄の観光事業関係者が言う。

「久米島のネックは離島という環境です。練習試合が組めず、交通の便も悪いので来場するファンの数にも限界がある。そこで星野監督は沖縄本島でキャンプを行っていた中日阪神監督時代の人脈を駆使し、球場や施設探しに奔走。2月の後半から金武町で2次キャンプを行うようになったのは12年からです」

 金武ベースボールスタジアムは本球場は完成しているが、早ければ今年中にも周辺施設も整うというから、キャンプ地移転も現実味を帯びてくる。

 そんな動きに拍車を掛けることになりそうなのが、キャンプの客入りだ。エース田中がヤンキースに移籍したとはいえ、昨季は球団創設9年目にして初の日本一。ドラフトでは黄金ルーキーの松井裕樹(18)も獲得。それでも初日は前年の440人から752人に増えただけ。約1.7倍といえば聞こえはいいがたったの300人増だ。3日目も前年度比90人増の450人というからほぼ横ばいである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る