日本一でもファン微増…楽天「久米島キャンプ」撤退説再び

公開日: 更新日:

 あの話が再燃しそうだ。
 星野仙一監督(67)が楽天の指揮官に就任したのは10年オフ。当初から星野監督と楽天はキャンプ地を久米島から沖縄本島に移そうという計画があったという。沖縄の観光事業関係者が言う。

「久米島のネックは離島という環境です。練習試合が組めず、交通の便も悪いので来場するファンの数にも限界がある。そこで星野監督は沖縄本島でキャンプを行っていた中日阪神監督時代の人脈を駆使し、球場や施設探しに奔走。2月の後半から金武町で2次キャンプを行うようになったのは12年からです」

 金武ベースボールスタジアムは本球場は完成しているが、早ければ今年中にも周辺施設も整うというから、キャンプ地移転も現実味を帯びてくる。

 そんな動きに拍車を掛けることになりそうなのが、キャンプの客入りだ。エース田中がヤンキースに移籍したとはいえ、昨季は球団創設9年目にして初の日本一。ドラフトでは黄金ルーキーの松井裕樹(18)も獲得。それでも初日は前年の440人から752人に増えただけ。約1.7倍といえば聞こえはいいがたったの300人増だ。3日目も前年度比90人増の450人というからほぼ横ばいである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る