ソチで好調の真央 3回転半「やっぱり3回跳ぶ」の可能性

公開日:  更新日:

 日本時間9日未明に行われるフィギュアスケート団体の女子ショートプログラム(SP)には浅田真央が出場することが決まった。

 監督を務める小林芳子日本スケート連盟強化部長は起用理由について、「浅田は今季、いいSPをやっているし、成績を残している」と言った。

 浅田はソチでの練習でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を何度も成功させている。男子SPでトップに立った羽生の演技に刺激を受けて、日本チームのために大技に挑む。

 浅田はソチに入る直前の成田空港で、当初は3回跳ぶはずだったトリプルアクセルについて、「今年に入ってからいろいろと考えた。今回はSPとフリーで1回ずつ跳ぼうと思う。バンクーバー(五輪)でトリプルアクセル3回という目標は達成した。(ソチでは)バンクーバーでできなかった全種類の3回転ジャンプ、連続3回転を跳びたい」と、突然プログラム構成の変更を明かした。

 とはいえ、団体SPでトリプルアクセルを完璧に決めれば、再び「3回跳ぶ」ことへ色気が出てくるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る