日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV関係者ヤキモキ 有力選手五輪欠場で懸念される低視聴率

 今大会はメダル候補の欠場や失格が目立つ。開幕前には、バンクーバー五輪女子アルペンスキー金メダルのリンゼイ・ボン(29)が、痛めていた右ひざの回復が遅れて早々と出場を断念。右ひざ靱帯(じんたい)損傷からの復帰を目指した女子モーグルの伊藤みき(26)は公式練習で患部を悪化させ、予選1回目を棄権した。

■故障者続出

 中国勢ではスピードスケート女子500メートルの元世界記録保持者(36秒94)の于静(28)、トリノ、バンクーバー五輪ショートトラック金メダルの王濛(28)の2人もソチの舞台に立てなかった。

 ドーピング違反で出場資格を失った選手もいる。1月下旬には女子バイアスロンで今季世界ランク6位のイリーナ・スタリフ(26=ロシア)の他、リトアニア女子選手らメダル候補2人に禁止薬物使用が発覚。3人は出場を辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事