TV関係者ヤキモキ 有力選手五輪欠場で懸念される低視聴率

公開日:  更新日:

 今大会はメダル候補の欠場や失格が目立つ。開幕前には、バンクーバー五輪女子アルペンスキー金メダルのリンゼイ・ボン(29)が、痛めていた右ひざの回復が遅れて早々と出場を断念。右ひざ靱帯(じんたい)損傷からの復帰を目指した女子モーグルの伊藤みき(26)は公式練習で患部を悪化させ、予選1回目を棄権した。

■故障者続出

 中国勢ではスピードスケート女子500メートルの元世界記録保持者(36秒94)の于静(28)、トリノ、バンクーバー五輪ショートトラック金メダルの王濛(28)の2人もソチの舞台に立てなかった。

 ドーピング違反で出場資格を失った選手もいる。1月下旬には女子バイアスロンで今季世界ランク6位のイリーナ・スタリフ(26=ロシア)の他、リトアニア女子選手らメダル候補2人に禁止薬物使用が発覚。3人は出場を辞退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る