練習して、選手見て、落合GMとも…谷繁兼任監督の超多忙

公開日: 更新日:

「自分の中での選手と監督の割合?場面場面で変わるけど、半分半分くらいかな」
 第2クール最終日(9日)、中日の谷繁兼任監督(43)がこう言った。

 激務であるのは言うまでもない。キャンプ初日から、選手としては他の選手と一緒にほぼフルメニュー。前日8日には初めてフリー打撃を行い、その後は室内で特打もやった。
 「ここまで調整は順調にきている」と言う選手谷繁は、昨年までならそうやって自分のことだけを考えていればよかった。今年からはもちろん、そうはいかない。

「普段から自身の練習の合間に、選手の動きをチェックして目を光らせています。キャンプ初日、ブルペンでドラフト2位の又吉(四国IL)のボールを受けた際には、プレートの立ち位置について、『両端を使え』とアドバイス。気になることがあれば、選手に直接、声をかけることもある。少なくとも、高木監督時代よりも選手は緊張感を持って練習に励んでいます。この日もランニングのメニューの際に、平田に『しっかり腕を振って走れ』とアドバイスを送っていたし、巨人からFA移籍した小笠原にも、『あまり飛ばしすぎるなよ』と声をかけていた」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る