日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キム・ヨナに嫉妬? 「氷速女帝」李相花は500m連覇でも口重し

 小平奈緒(27)が5位に終わったスピードスケート女子500メートル。大本命、韓国の李相花(24・韓国)が、五輪新記録で連覇を達成した。

 今季はW杯7戦に出場し7連勝。世界記録も3度更新。韓国では「氷速女帝」と呼ばれ、今や敵なし。ライバルたちは五輪前から銀メダルが目標だった。

 そんな「女帝」も国内人気は、女子フィギュアスケートのキム・ヨナ(23)には遠く及ばない。

 バンクーバー五輪で浅田真央を破り頂点に立ったキム・ヨナは「国民の妹」といわれ人気は絶大。18年冬季五輪を韓国の平昌で開催できるのはキム・ヨナが広報大使として尽力したことが大きい。彼女の人気目当てに契約しているスポンサーは現代自動車やサムスン電子、大韓航空、KB金融グループなど韓国を代表する企業が8社にのぼる。

 李相花は、そんなキム・ヨナの人気が面白くないようで、マスコミの前では口が重い。彼女の態度からは、「スポーツ選手は競技成績で評価されるもの。私が劣っているところは何もない」とのプライドも垣間見える。

 同じく連覇に挑む「妹」の成績も、当然気になる……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事