真央にもう一人の敵…キム・ヨナを“援護”する韓国女性審判

公開日:  更新日:

 ちょっと露骨じゃないか。
 女子フィギュアスケートのキム・ヨナ(23)が五輪前の最後の実戦(韓国選手権)で圧勝。国内に敵なしのキムにとって優勝は当然としても、問題はその得点だ。

 5日のフリーは終盤の2回転半ジャンプを失敗しながら147.26点の高得点。4日のショートプログラム(SP)も80.60点。国内大会のため国際スケート連盟公認記録にはならないものの、SPは自身が前回五輪でマークした78.50点の世界歴代最高点さえも上回った。ちなみに、SPもフリーの得点も過去に浅田真央(23)が一度も出したことがない異常なもの。

「全体的に満足している」と語ったキムの合計227.86点は、バンクーバー五輪で自身が出した世界歴代最高の228.56点とほとんど変わらなかった。

 今季のキムは右足甲の故障でグランプリシリーズを欠場。復帰は昨年12月にクロアチアで行われた「B級大会」だった。国内大会とはいえ前回の五輪女王が「合計227.86点の演技をした」というニュースは、ソチ五輪で採点する審判団たちに大きなインパクトを与える。「キムは五輪前にしっかり仕上げてきた」との印象を持つだろう。「それだけではない。韓国には手ごわい相手がもうひとりいる」と言うのは、あるフィギュア関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る