• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二塁じゃないの? 原監督が温めるFA片岡の意外な起用法

 FAでは、西武から二塁の片岡治大(30)、広島からは先発の大竹寛(30)が加入。原監督が「補強ポイント」とした部分は埋まったが、片岡は左肩や右膝、大竹は右肩に爆弾を抱え、ともに故障の不安がつきまとう。

 10年に右肩を痛めてから丸3年が経ち、12年から2年連続2ケタ勝利を挙げている大竹は、「巨人では打線の援護が期待できる。かなりの勝ち星を挙げる可能性がある」と警戒するのは、前出の斉藤スコアラーだ。

「視察して印象的だったのが、投内連係練習での大竹の動きです。自分の番が終わって、ファウルグラウンドに移動するときも常に全力疾走。ハツラツとした動きは投手陣の中でも際立っていて、状態の良さ、意気込みが伝わってきた。対照的に片岡は、グラウンドにいてもあまり目立たなかった。打撃練習でも守備練習でも目を引くような動きはありませんでした。故障明けで慎重にやっているという印象です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る