巨人宮崎キャンプの誤算 投手陣に故障者続出の“真犯人”

公開日: 更新日:

 巨人が宮崎キャンプを打ち上げた13日、松井秀喜臨時コーチ(39)も2週間の任務を終えた。

「あっという間。僕にとっての勉強の場だった。短い期間だったから、シンプルに大事な部分だけを伝えられればいいと思っていた」

 そう振り返ったゴジラが、今キャンプの話題を独占。スポーツマスコミの報道は「松井、松井」のオンパレードで、日本一奪回を目指す肝心の選手の調整、チームの状態などは、ほとんどなにも伝わってこなかった。

■初日に投手全員がブルペン入り

 では、実際はどうだったか。不安が露呈したのが、再整備を課題としていた投手陣だ。

 特に最重要とされた先発候補に故障が相次いだ。ローテ6番手を争う沢村と若手筆頭左腕の今村がともに肩を痛めて早々に二軍落ち。開幕投手候補の菅野が背中痛を発症すれば、最終日のこの日はハイペース調整を続けていた杉内も腰の張りを訴え、ブルペン入りを回避した。さらに、シート打撃に登板した内海が打球を左すねに受けて裂傷。病院送りにされて、傷を縫うはめになった。杉内も内海も「大したことはない」と口を揃えたが、15日からの沖縄キャンプでの調整に影響が出そうなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る